マザーシップ司法書士法人

設立日 平成17年5月9日
日本司法書士会連合会 法人番号11−00050

四谷事務所
(主たる事務所)
〒160-0004
東京都新宿区四谷三丁目2番地2 TRビル7階  MAP
地下鉄四谷三丁目駅 徒歩3分、JR・地下鉄 四谷駅 徒歩7分
電話 03−5367−5141 FAX 03−5367−3742
横浜事務所 〒231-0023
横浜市中区山下町45番地2山下町石川ビル302号 MAP
みなとみらい線 日本大通り駅 徒歩3分 / JR 石川町駅 徒歩10分
電話 045−224−5614 FAX 045−224−5615
赤羽事務所 〒115-0045
東京都北区赤羽2丁目62番3号マザーシップビル1階 MAP
地下鉄 赤羽岩淵駅 徒歩6分 / JR 赤羽駅 徒歩10分
電話 03−3598−0444 FAX 03−3598−0445

司法書士法人とは

平成15年4月1日から導入された制度です。

司法書士資格は司法書士である個々人に与えられたものであるため、それまでは、それぞれの個人が行った業務についてそれぞれの個人(のみが)責任を負うというシステムでした。 そのため、その司法書士が死亡した場合の業務の引き継ぎ方法や、共同事務所内での司法書士同士の責任などについては、明確に法で規定されていませんでした。

司法書士法人では、司法書士法人が業務を受任することとなります。したがって、担当者がその業務を行えなくなった場合も、他のメンバーがこれを引き継ぐことになります。

当然のことながら、法人内の司法書士の業務行為については、司法書士法人が責任を負います。さらに、法人を代表する司法書士は個人的にも、法人の責任(つまり法人内の他の司法書士の行為)につき責任を負います。

私たち「マザーシップ司法書士法人」は、四谷・横浜・赤羽に事務所を設け、それぞれの事務所に法人を代表する司法書士を置いています。