業務について

司法書士は、「登記」「裁判」「供託」の手続を通じてみなさまの権利を保護・保全することを職務としています。登記手続では、不動産登記及び商業法人登記の専門家としての職務に当たる他、これらの周辺事項のアドバイスなども行います。裁判手続では、貸金や売買代金の請求など一般の裁判の他、クレジット・サラ金業者への債務整理や過払い金請求、成年後見や家族間の問題を扱う家庭裁判所で行われる裁判なども主な業務としています。

法律の問題で困ったときには誰に相談して良いかわからないという方が多いかもしれません。わたしたち司法書士は、みなさまの身近な問題を扱うことが多いため『街の法律家』と呼ばれることがあります。当事務所では、弁護士・税理士など他の専門家とも連携して業務に取り組みます。まずはお気軽にご相談ください。